メニュー
UKPlus mobile Logo UKPlus Email Address UKPlus Telephone Number Facebook Link
06-6372-8701
問い合わせ

BLOG

医療英語試験OETのテストの変更内容が発表!気になる中身は?

2018年5月23日

こんにちは。StaffのSayakaです。

今回はOETの試験変更についてのブログです。UKPLUS Osakaは日本で唯一の公式な試験センターです。

毎月当校でOETの試験を開催しています。

オーストラリアやニュージーランド、シンガーポール、最近ではイギリスでもOETが医療従事者の英語力証明として広がっています。

当校でも過去に、オーストラリア、カナダ、ドバイなどに移住された医療従事者の生徒様がいらっしゃいます。

医療英語試験 OET Japan Test Centre UKPLUS Osaka

 

医療英語試験 OETがUKで外国人の看護師と助産師の英語証明として容認

この記事以降イギリスではドクターも追加され、またアイルランドもOETを認めています。

当校ではかなり医療者の方が学習されており、現在学習をされている方だけでも25名の医療従事者が様々な理由で英語を学ばれています。

 

OET何が変わる?

そのOETの試験は9月にテスト形式が変更になり、最近こちらの変更内容が発表となりました。

OET 2.0 – September 2018 Test Updates – Preparation Providers

変更理由としては医療環境が日々変化している事を踏まえ、またOETが信頼できる英語試験であり続けるためであるとのこと。

重要な点は3つ

  • 患者を優先的に考え、彼らの気持ちや状況を正確に理解する事が求められること
  • 患者も医療者も世界的に移動が増え、色々なアクセントを理解できる事が求められること
  • テクノロジーの発展で、職場だけではなく距離がある状態でのコミュニケーションスキルも必要になること

 

大きな変更点

過去のテストについてまとめたブログはこちらから

  • 実際の職場で必要な様々なコミュニケーションスキルをSpeakingで試されます。
  • Listening では色々な国のアクセントが取り入れられます。
  • Listening とReadingでは例えば同僚との会話の様な、同じ医療従事者同士のコミュニケーションが含まれます。
  • また現在のアルファベットのレベル表示に加え、点数が示される事でどの程度目標に近づいているがより分かりやすくなります。

ただ中心的なタスクは変わりませんので、この変更によって、現在より難しくなるまたは簡単になることはありません。

Listening

Listeningは以前のテストよりも少し短くなります。 アクセントの数や医療者同士の会話が追加されます。

 

Section 長さ タスク
Part A 15 分 医療者と患者とのやりとりが2つ
Part B 10 分 6つの職場で予想される会話
Part C 15 分 医療者による2つの長いプレゼンテーション又はインタビュー
合計 40-45 分間

Part Cが新たに加わりました。

Reading

Readingは正しいペアのマッチングや、短い回答の質問や手順書などの書類についての問題など新しいタスクが追加されます。テスト時間は新しいパートを含めても以前と同様60分間です。

 

Section 長さ タスク
Part A 15 分 素早く読むタスク
Part B 45分 6つの職場での引用
Part C 2つの長いプレゼンテーションの一節
合計 60 分間

Part BとCを合わせて45分間となります。

Writing

Writingは今回変更はありません。

 

Speaking

Speakingのフォーマットも変更はありません。

ただ医療現場で必要となるコミュニケーションスキルも測られます。

例えば

  • 関係をうまく築けているか
  • 患者の期待を理解しているか
  • 建設的な話ができているか
  • 患者から必要な情報を手に入れているか
  • 患者がどこまで理解しているかを把握できているか

 

スコアについて

2018年9月9日の試験(6月21日申し込み締切)から現在までのグレード A-Eとともに0-500でスコアがつきます。

これによって必要なスコア。主にBまでどの程度差があるか、可視化が可能となります。

 

以上が今回発表されたテストの変更です。

現在から大きく学習方法を変更する必要はありませんが、より実践的な英語力を測るものになりそうですね。

OETだけでなく勿論IELTSまた最近ではPTEという試験も利用されていますが、医療関係者の場合医療英語の勉強にもなるためOETを選ばれる方は多いかも知れません。

OETをはじめとした試験対策も行っています。

Fumiko (OET プライベート)

必要な方はぜひレベルチェックにお越し下さい。

level-check

 

ただOETはあくまでも英語力の証明でこちらの試験だけで移住が可能になるわけではありません。

オーストラリアなど仕事での移住を考えられている方は

ぜひ当校のパートナーであるJP-AUS.COMさんに一度相談された方が具体的な情報が得られます。

カウンセリングは無料です。

jp-aus オーストラリア 看護留学 無料サポート カウンセリング エージェント

 

 

関連記事

医療英語試験 OETがUKで外国人の看護師と助産師の英語証明として容認


Top