メニュー
UKPlus mobile Logo UKPlus Email Address UKPlus Telephone Number Facebook Link
06-6372-8701
問い合わせ

BLOG

高校からでも留学が普通になる。中高生から始める留学準備。

2018年6月27日

こんにちは。StaffのSayakaです。

2020年に向けて国際化に対する取り組みがますます必要になりそうです。政府も大学の国際化に舵を切り始めました。

当校でも最近中高生の生徒様も増えております。

7月末から留学準備コースも開講予定です。

今回は中高生の英語環境について当校で学習されている中学3年生のHさんを取り上げました。

大きく変わる英語入試中高生からの留学準備

 

2020年大学入試の英語試験が変わる

文部科学省は昨年、2020年以降の大学入試における英語運用能力試験について、変更事項を発表しました。この変更を受け、文科省は英語の4技能を測るのに適切だとしてIELTS英検各種ケンブリッジ英検など、有名な英語能力試験の名を挙げています。UKPLUS Osakaは、ケンブリッジ英検試験会場及び試験対策センターとして、様々な対策コースを開講しており、多くの方にケンブリッジ受験を勧めています。

各資格・検定試験とCEFRとの対照表  (PDF:278KB) 文部科学省

 

世界を見据えた学習

UKPLUS Osakaには、昨年の文科省の発表以降、中学生のお子様をもつ親御さんからのお問い合わせが以前にも増して多く寄せられるようになりました。お問い合わせをしてきた親御さんたちは、お子様の学校の説明会に参加した際に、上記英語試験のことを聞かれたようです。このようなご家族の方、そして学生本人たちも、これから更に国際色の強まっていく日本において、若いうちに第二言語を習得しておくことが大きな強みになると気付いているようです。

 

高校留学プログラム

また、UKPLUS Osakaのグループレッスンに参加する若者の数も増えてきています。ここでは、高校1年次にイギリスに留学することを目標に勉強中の中学3年生、Hさんについてご紹介します。Hさんは大阪南部にある有名私立中学校に在籍しており、同校で留学生の手伝いをするようになってから、異文化に浸ることで先の大学生活や就職で活かせるものが得られるのではないかと気づき始めたようです。

 

ライティング、ディスカッション、発言力、そしてディベート

Hさんは昨年10月、14歳の時にジェネラルイングリッシュ中級クラスに参加し始めました。ジェネラルイングリッシュクラスへの参加は、Hさんのお父様の「職業や社会的背景の違う大人たちと一緒に勉強することでHは内面的にもっと成長できるだろう。」との思いがあったそうです。Hさんはお父様の期待に応え、また更には文化や社会、国内外のことや身近なことに対しても自分の意見をしっかりと持てるようになりました。6か月が経ち、Hさんは中上級のクラスへと上がり、IELTS試験対策のグループレッスンにも参加するようになりました。IELTSクラスは通常18歳以上の方を対象としていますが、2019年の渡英前に、IELTSクラスで学べるグループディスカッションや自分の意見を学術的に書き記すライティングのスキルを身に着けておきたいというHさんとご家族の思いで今回の参加が決まりました。現在高校3年生の生徒様もいらっしゃいます。

当校では中高生からの海外進学のお手伝いもたくさん行っております。

中高生イギリス進学 プライベートレッスンの感想

 

ELTiSそして英検での成果

今年5月の末にHさんは英検2級を受験し、リスニング満点、リーディングは80%以上という結果を出しました。この結果もさることながら、お父様はHさんのライティングの答案を見て驚いたとおっしゃいます。問題は「’日本では水の無駄使いは問題か’に対して80字以内で論じよ」というものでした。これに対し、Hさんは自分の意見を述べる導入文から始め、本文でその理由付けをし、最後に結論を述べるという学術的にもきちんとまとまった小論文を書き上げていたそうです。また、問題用紙にはHさんが回答用紙に正書する前に自分の意見をまとめていた下書きも残っていました。Hさんがアカデミックライティングの書き方を学んでいることを知らなかったお父様は大変驚かれ、Hさんにどこで習ったのか聞かれたそうです。Hさんの答えは、「UKPLUS Osakaのレッスンでだよ」だったそう。

 

6月初旬Hさんは、中津にあるISAJFIEを通して行われたELTiSの模擬試験を受験しました。ELTiSは、主にアメリカ留学を目指す高校生の英語力を測るテストとして利用されていますが、他に中高生向けのテストがないこともあり、UKの学校でも採用されています。Hさんの模擬試験受験後の感想は「難しい」だったそうですが、理由は、ELTiS受験が初めてで、試験についての知識が何もなかったからだそうです。それでもリスニングは24問中22問を正解できていました。JFIE民間大使の選考に受かるためには、これからリーディングのスコアアップを目指さなければなりません。UKPLUS Osakaでは現在、Hさんのリーディングスコア改善に全力を注ぎ、またこの先より効果的にELTiS対策レッスンが行えるよう、教材の選定および独自の教材作成を進めています。

 

講師によるカウンセリングとフィードバック

UKPLUS Osakaの生徒さまは、レッスン中及び宿題を通して常にそれぞれの英語力に関するフィードバックを書面または口頭で受けています。また、16週ごとに担当講師と1対1でのカウンセリングも行っています。このカウンセリングでHさんは、講師に自身の語彙力不足について相談していたそうです。これに対して講師は、本を読むことの大切さや、復習しやすい単語帳をつけることなど、色々なアドバイスを出してきました。Hさんはこのアドバイスをしっかりと受け、次のELTiS試験にむけて今も頑張っています。

生徒さんの英語学習を効果的にするUKPLUSの定期カウンセリングとは?

 

留学奨学金制度

HさんはJFIE/日本国際交流振興会ISA/株式会社アイエスエイが共同で行っている奨学金制度の利用を目指しています。試験と面接に合格できれば、JFIE民間大使となり、英国滞在中の日本の在籍校の授業料はこれら団体によって支払われます。また、英語を公用語とする国で、民間大使として留学したという経験はHさんが大学受験を迎えたときに確実に有利にはたらくでしょう。

留学に興味のある学生の皆さん、そしてそのお母様お父様、UKPLUS Osakaにぜひ一度お問合せください。

UKPLUS Osakaには、英語教育を通じて皆さんや皆さんのお子様の目標を叶えるサポートができる経験と知識があります。

UKPLUS Osakaにご興味をお持ちの方には無料でレベルチェックとカウンセリングを受けて頂けます。
level-check

関連記事

こどもの進路-中学受験ではなく海外進学という選択

UKPLUS NEWS WK20:英語試験と生徒様のサクセスストーリー!

 

 

 


タグ: , , , , ,

Top