メニュー
UKPlus mobile Logo UKPlus Email Address UKPlus Telephone Number Facebook Link
06-6372-8701
問い合わせ

BLOG

ケンブリッジ英検 CAEが開催。Speakingに求められるスキルは?

2018年5月30日

ケンブリッジ CAEの試験が土曜日に大阪で開催!

スタッフのSayakaです。

今週の土曜日はケンブリッジ英検のCAE – Advanced が行われます。

当校の生徒様も含め7名の方が受験されます。

CAEの試験は当校から過去に4名の合格者がいらっしゃいます。

今回の試験でも合格者が出そうです。結果がとても楽しみです。さてケンブリッジ英検のレベルについて皆さんはどれくらいご存知でしょうか。

 

ケンブリッジ英検は難しい?

ケンブリッジ英検は5つのレベル分けがあります。

CAEはIELTSと比べても7.0以上のレベルが求められる試験です。

ケンブリッジCEFR

 

他の試験と比べてもかなりレベルの高い試験となります。

当校でも使用している語学の指標となるCEFRで英検やTOEFLとの比較表はこちらをご覧ください

 

英語力だけではないコミュニケーション力

英語試験として特徴的なのはとても実用的な試験であるという点です。

例えばWritingでは物語を作ったり、手紙をかいたりと数種類の形式で問題が出されます。またSpeakingは受験者2名から3名で受験します。その際試験官は2人おり、1人が話をし、もう一人は後ろで評価をします。

 

Speaking で評価されるスキルは実は英語力だけではありません。

試験官がFirstとCAEのspeakingで求められるスキルを話し合った動画をご覧ください。

 

*Listen Carefully – しっかりとタスクや他の人の話を聞くこと

*React and show interest – 話しを聞き、会話に興味を示し、会話を続ける努力をみせること

*Interaction – 試験官や他の受験者としっかりとやりとりすること

*Take control – 会話をコントロールし、話を進めること

*Eye contact – アイコンタクトなどのボディーランゲージを自然に使うこと

*Language Resources –  自身の知っている英語の知識を証明すること(単語や文法など)

*Paraphrase – 単語が思い出せなくても思い出そうとせずに言い換えること

*Accuracy – 正確に英語を使うこと

*Ask questions – 分からなければ質問をすること

*Help others – 他の人を助けること

など様々なアドバイスが出てきていますね。これはIELTSのSpeakingにも当てはまるテクニックです。

この様に英語のスキルというよりも英語を使ったコミュニケーション力を測られる試験といっても過言ではありません。

海外留学の際の英語力証明に使えるレベルにもなります。

一度合格すれば永久な点IELTSよりもお得な点ですね。

 

UKPLUS OsakaではCAEを始め Firstのクラスも開講しております。

ケンブリッジ英検は大学の入試改革にも含まれており、今後ますます認知が広がりそうです。

ぜひ皆さんも挑戦してみませんか。

ケンブリッジは毎年5~6月と11~12月の2回開催しております。

 

UKPLUS Osakaにご興味をお持ちの方には無料でレベルチェックとカウンセリングを受けて頂けます。
ぜひお問い合わせ下さい。

level-check

 

関連記事

医療英語試験OETのテストの変更内容が発表!気になる中身は?

大阪大学でIELTSのセミナーWritingの点数が伸びない原因は?

IELTSのスコア達成!Speakingで6.0をとるレベルは?


Top